読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群個の時代

戦国武将 真田昌幸の言葉
「軍勢を一つの固まりと思うな。
一人一人が生きて、一人一人が思いを持っておる。
それをゆめゆめ忘れるな!」が話題を集めている。

何故だろうか。
今はマスといわれ、
十羽一絡げにされた人々(群衆)の一人一人にも光が当たる時代になってきた。
それぞれに個性や意見があり、
群衆に埋もれた「マイノリティ」を無視できなくなってきている。
今回の米国大統領戦においても
「マイノリティの逆襲」がトランプを勝たせたのだと思う。
従来のからの価値観やメディアの古い慣習が最後まで
クリントン優勢の主張を続けたのだろう。
今まで無視されて臍を噛んでいたそれぞれの分野、領域の
マイノリティが集まれば力を持つようになる。
これを群衆ではなく「群個」と呼びたい。正にロングテールである。

また、技術的にも
IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、トレーサビリティ等が
大いに発展している。
これは人間も含め、全てのモノにタグが着けられる状態である。
もちろんマイノリティなモノもチェックできる。
大きなマクロな動きを表面的に見るのではなく、
内部に入り込み個々の動きを見なければ
本質的な姿や問題点が浮かび上がってこない時代であり、
そのテクニカルなシステムはかなり出来上がってきている。
平均値的なデータや今迄の慣習的な分析では本質が見えてこない。
過去の細かいデータ、現在起こっている個々の内部データを
細かく学習・分析し、結論を出す時代である。
まさにAIの深層学習である。
 
ピケティが言った「格差」の問題も
GDPのような平均値的な値では見えてこない。
視点を変える、
新しい問題意識を持つ、
マイノリティの個々の意見を良く調べる、
このような学習態度から始めて見えてくるものである。

我々はマジョリティの意見を単純に信じるのではなく、
むしろ、マイノリティといわれる人達の意見に謙虚に耳を傾け、
その真意、何が問題なのかを真摯に検討する必要がある。
そこに物事の本質が宿っていると思った方がよい。
マイノリティに「創造性」の源泉が宿るという考え方だ。

社会の問題、技術の問題を理解し解決するためには、
今まで、無視されていた人達や技術に光を当て、
自分たちの思考の限界を打破しなければならない。
ボスの政治、丼勘定の決定、長いものに巻かれる式の組織運営、
権威の鵜呑み等々、今までのマジョリティ、平均値的思考では
対処できない時代が到来している。

我々はどうすればよいのだろうか。
 
冒頭で述べた真田昌幸の言葉は小さな組織だけに通用するものではない。
むしろ大きな組織、国にこそ通用する考え方だと思う。
技術の進歩と相まって我々は従来からの考え方、視点、価値観を
180度変える時期に来ているようだ。

それが「群個」の時代である。