人の育成とは

人の育成の重要性は常に指摘されるがこれが意外に難しい。
順を追って説明しよう。

先ず、教師やコーチの場合は人を育てることが仕事であり、素晴らしい成果を挙げた生徒が育ったり、偉大な結果を残す選手が現われたりすると名伯楽として評価されるのであまり問題ない。
しかし、ここで注意しなければならないことは、「教師の最も純粋な栄光は、自分に続く弟子を育てることではなく、自分を越える賢人を育てることである」(サンチャゴ・ラモン・イ・カハール)という考え方を熟慮すべきことである。 
「自分を越える人材を育てられるか」は育成のスキル以上に、人間の「嫉妬」という煩悩の領域に入るのでなかなか難しいが、これを乗り越えていかねば本当の教師にはならない。
 
次に、組織における上司と部下の関係ではどうか。
上司は部下の成長を心から喜び、育てられるだろうか。
部下が上司を越えるような存在になった場合、それに耐えられるか、この問題は非常に重要な心の問題を孕んでいる。
上記と同じ「嫉妬」の感情である。
ある上司においては、育てない、指導しない、さらに自分よりさらに上の上司に、部下の悪口をいうという妄動に出る場合だってある。
「自力で這い上がってこい」という態のよい、自分を納得させる論理を展開して・・。
こうなると嫉妬の亡者になって心を焼き尽くしてしまう。
「勝った、負けた」の世界である。
異常な競争心や出世主義が生んだ悲しい結末である。
これらは稀なケースではなく、多かれ少なかれ、企業においてはよくあることと思った方がよい。
 
なぜ、嫉妬の刃で人間にとって大切な「人を助ける」という使命を放棄するのか。
それは、「出世」という単一価値、狭い価値観に拘っているからである。
自分より優れた部下を育てたという事実は誰かが見ているものである。
取り立てて褒める人もいないかもしれない。 

しかし、それが「陰徳」として長い人生では役に立つものであり、むしろ誰からも尊敬される存在になるだろう。
「嫉妬」という煩悩でたとえ「出世」出来たとしても、羨ましがられたとしても、人間としては失格ではないだろうか。

人間の評価は単純ではない。
輝かしい経歴「外的成長」も重要だろうが、もっと大切なものは人間としての「徳」の輝きである。
「資本主義の限界」「ポスト資本主義」「アメリカニズムの終焉」という言葉を最近よく耳にする。
異常な拝金主義の嵐もそろそろ収まり掛けているが、これらの価値観に通底しているのは目に見える世界であり、測定できる(スケーリング)ものである。
金、地位、名誉、等々。
もっと大切なものは見えない世界にある人間の「徳」に裏打ちされた内的成長ではないだろか。
若い時は「勝った、負けた」の世界で、勝った時の誇らしげな気持ちは蜜の味であり、のめり込んでいくのである。

しかし、人生は長い、且つ単一の価値観だけでは処理できないほど複雑である。
この複雑性(=多様性)を考えた場合、勝ち負けの世界はないといってもよい。
簡単な解はないが、複雑性の「意味」を噛みしめながら生きていくのが人生だろう。