運営事務局通信(4)池袋コミカレ×知謝塾コラボまで一カ月を切る!

万事せわしない期末の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

そんな時節柄、社内ノマドあるいは社内プーの自分も柄になく、お決まりの瑣事雑務に追われ、いささかご無沙汰してしまいましたが、知謝塾と池袋コミュニティ・カレッジとのコラボレーション、その記念すべき第一回、武田英次塾長の講演会まで既に一カ月を切ってしまいました。

思えば、小金井の地でこじんまりと始めた知謝塾。
ほぼ1年半を経過した今、池袋という都心の一等地で開くことができるというのは、いかなる運命の導きかと感無量です。

武田塾長がかねてから言っている「企業でも大学でも学ぶことができない知」とは?
それが輝かしい権威や名誉で近寄りがたい専門知でないことは言うまでもありませんが、同時にそんな体制派の知に対してひたすら批判、反抗しているだけの少数派の独善的な知でもないはずです。

そんな二項対立を超えた第三の知。
そのヒントを、私たちは、カルチャースクールという、ビジネスとも、アカデミズムとも一線を画する世界、これまであまり接することのなかった異質な「場」に参加し、そして池袋コミュニティ・カレッジという新しいパートナーとともに見いだしていきたいと思っています。

池袋コミ・カレの新井昌章さんから、次回の公開講座の会場写真をお送りいただきましたので、紹介させていただきます。新井さん、ありがとうございます!

こんな洗練された空間で繰り広げられる「知のバトルロイヤル」、それが新たな知謝塾です。
ご興味のある方はぜひお誘い合わせの上、お気軽にお越しください。

DSC00627
DSC00631
DSC00634

DSC00631
DSC00628