運営事務局通信(1)池袋から新しいチャレンジを始めます。

この度、知謝塾では、「池袋コミュニティカレッジ」とのコラボレーションの機会をいただき、その第一弾として10月から半年間、毎月1回全6回の公開講座を開くことになりました。
『知謝塾』~現代の知者に学ぶ人間力の磨き方~
20130815_aut_01

これはもう不思議なご縁がいくえにも重なった結果なのですが、だからこそあえて初回から妥協せず、知謝塾の本懐とも言える直球勝負の企画を立てました。
共通するメインテーマはズバリ「人生論」。
策や手段をいくら学んで論じたところで、結局、みずからの力で時代を切り拓いていくことはできません。
本当の自分を見つけるためには、一見して遠回りのように思える人生そのものと向き合うことが不可欠です。
そのような考えから、不利を承知であえて本質を問うプログラムを知謝塾として提案することにしました。

講師は、過去にご登場いただいた大御所の先生方を含め、錚々たる「知の巨匠(マエストロ)」ばかりの顔ぶれになっています。

とは言え、時流に乗ってメディアで発言するような職業知識人は一人もいらっしゃいません。
むしろ反対に時代や流行からは超然とした孤塁を守りながら、ある方は学問、ある方はジャーナリズム、ある方はコンサルティング、ある方は研究・経営と、それぞれプロフェッショナルな知の道をストイックに追求してきた本物の、いわばプロフェッサーズ・プロフェッサーばかりと言えます。

そもそもカルチャースクールの枠組みからは大きく逸脱している企画かもしれません。
しかし、まさにそこにわれわれの挑戦があります。

大学でも、ビジネススクールでも、アカデミーヒルズでもない。
ここ池袋の地で、不特定多数、老若男女のダイバーシティにあえて本物の知を体験してもらいたい。
あるいはその究極まで熟成されたさまざまな実践知と、その先にある人生。
そこから浮かび上がる人柄や人格、つまり徳というもの。
そうした目には見えないけれど、いちばん大切な何かへの気付き。
これらを共に、愉しく、和気あいあいと学んでいきたいと思います。

難しいことは抜きにしても、今回、ご登場いただく「知の巨匠(マエストロ)」は、
皆さんとてもチャーミングな方ばかりです。
年齢的には大先輩ばかりですが、心は「永遠の少年」たちです。
これはなかなか言葉で言っても伝わるものではありませんが、このブログではそんな先生方の魅力を少しずつご紹介していきたいと思っています。

「知謝塾」運営事務局
飯塚 宏