孫の笑顔から

孫の笑顔を見ていると、「目に入れても痛くない」という言葉が良く分かる歳になってきた。

孫は二歳であるが、玩具を片付けしたので手を叩いて褒めてやると、自分でも手を叩き、玩具を出しては片付ける行為を幾度となく繰り返す。

その度に褒めてやると満面の笑みで自分も手を叩いて喜ぶ。

誰でも経験があると思う。

人間には褒めてやるとその行為を喜んでやるDNAが生まれつき備わっていることが分かる。 

褒められる、尊敬されることを欲する遺伝子だ。

褒めて人を伸ばすやり方に通じる。

一方、行為の結果よりも、褒められることが目的になり、不正に繋がる危険性もある。

「ただ褒められたくて」という感情から、不正をしてまで金を稼ぐ、異常な競争心で社会的地位向上に邁進する人が出てくる。

他人から得られる称賛、名誉、他人より優れているという感覚を得たいという本能的欲望、これが「卓越への情熱」(経済的利益の追求より大きいと云われている)である。

「卓越への情熱」が異常な「権力志向」へと変わると問題が起こってくる。

この「欲望」を抑制するのは徳、無私、去私、自己犠牲の価値観であろう。

 

人間が本能的に持っているものにもう一つある。

他者の行動から、いかに道徳的に振舞うべきかを観察し学習する能力である。

これを司るのが1996年にイタリアのパルマ大学のジャコモ・リッツォラッティ氏によって発見されたミラー・ニューロンである。

「他者の意図や喜びや悲しみを自分が直接理解するツール」でもある。 

「感情移入」や「己がやってもらいたいことを他人にやってあげなさい」(倫理的黄金律)という考え方にも通じる。

社会的相互作用の促進に適合したミラー・ニューロンは、キリスト教イスラム、仏の慈悲、儒教の仁の思想にもある。

しかし、宗教よりも先に人間のDNAに刷り込まれた本能である。

これらの良き遺伝子も「欲望」「煩悩」に負けてしまう場合がある。 

他人と比較することによって生じる「嫉妬心」である。

これも「慈悲の心」、「利他の心」によって制御する必要がある。

上記の二つは人間が本能的に持つ資質であり、「心の問題」である。

人間は何故、このような素晴らしいDNAをそのまま伸ばすことができないのであろうか。

釈迦はこの心の問題以外にもう二つのことを覚醒として提示している。

「無常観=常ならず」と「因果応報」である。

全てのものが常に変化する、「無常」とは人間だけでなく、全ての生物に当てはまり、生物学の「所与の知」といってもよいだろう。

また、「因果」は物理法則でもある。

この二つは「真理」といってもよい。

 

現在安倍内閣を見ていると、平家物語の「祇園精舎の・・・・」の冒頭の一節が思い出される。

世の中は本当に常ならずと思う。

また、驕れるもの久しからずという因果応報の感情が湧いてくる。

これら4つの釈迦の覚醒は人生の本質を看破した箴言であるが、特に上記二つの「心の問題」は奥が深い。

折角、持って生まれた素晴らしい資質(DNA)も権力欲や嫉妬心といった「欲望」によって雲らされてしまう。

この欲望は他人と比較することによって生まれるものであるが、釈迦は「欲望の制御」の一言で諌めている。

マザー・テレサは次のように云っている、「人は不合理、非倫理、利己的です。気にすることなく人を愛しなさい・・・」

そして、「最後に振り返ると、あなたにも分かるはず、結局、全ては、全てあなたと内なる神との間のことなのです。あなたと他の人の間のことであったことは一度もなかったのです。」と。 

他人に対する比較や感情も全て、内なる神(=自分)との対話のなせること。

「他人は自分を映す鏡」とも云う。

内なる自分と向き合うことにより、自分の本来の良さを見つめ直す以外に処方箋はないのかもしれない。

それが「欲望の制御」につながるだろう。