読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1回 武田 英次(元㈱日立製作所執行役常務)

第1回 研究者、経営者としての経験から人生を考え直す ~創造的な生き方をするためには~ 元㈱日立製作所執行役常務 武田 英次 「モノ」の時代から「知」の時代へ、さらには「心」の時代へと世界は大転換しています。それは時代が要求する価値観が変化してい…

「×0.7」のマネージメント

1948年頃発明されたトランジスタが、経験則であるムーアの法則(集積回路上のトランジスタの数は「18ヶ月で2倍になる」と米インテルの創始者Gordon Mooreによって1965年提唱される)とスケーリング則(1974年に米IBMのR.H. Dennardによって発表されたデバイ…

運営事務局通信(3)始まりはやっぱり共鳴でした。

池袋コミュニティ・カレッジを運営するセブンカルチャーネットワーク社の野上秀子社長に、武田塾長と一緒にお会いするのは、一昨日が三回目でした。 元はと言えば、日立グループOB向けのフリーマガジンDNA1910の取材で野上社長にインタビューしたのが最初の…

運営事務局通信(2)知謝塾メジャーデビュー!

昨日は夕方から公開講座の打ち合わせで池袋コミュニティ・カレッジへ行きました。 その前に、武田塾長と合流して池袋西武地下一階のリブロ前に行ってみると、 おおおお! なんといちばん人通りの多い通路の正面に、わが「知謝塾」公開講座のポスターが堂々と…

研究の自殺

最近気になる論文を目にした。筆者が会社に入社した1975年に文藝春秋2月号に掲載された『日本の自殺』というかなりセンセーショナルな小論文である(著者はグループ一九八四年)。 要旨は「有史以来、多くの文明において、国民が利己的な欲求に没頭し、…

運営事務局通信(1)池袋から新しいチャレンジを始めます。

この度、知謝塾では、「池袋コミュニティカレッジ」とのコラボレーションの機会をいただき、その第一弾として10月から半年間、毎月1回全6回の公開講座を開くことになりました。 『知謝塾』~現代の知者に学ぶ人間力の磨き方~ これはもう不思議なご縁がい…

知謝

知謝塾の「知謝」とは、「知」に感謝するという意味である。 歴史に残る「知の巨人」達の業績も、アイザック・ニュートンの言葉:「私がさらに遠くを見ることができたとしたら、それはたんに、私が巨人の肩に乗っていたからです」 (If I have been able to …