読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

科学史・科学哲学の終身プリンス、村上陽一郎先生へのオマージュ

先週、記録的な降雪に見舞われた都内某所にて村上陽一郎先生と打ち合わせした。 そんなフラットな物言いは、自分のエモーションを完全に裏切っている。 なぜならば、私自身、物心ついたと自信をもって言える大学生時代から数えて、今となっては四半世紀にも…

堤清二さんを偲ぶ。伊東先生と

年末、12月28日に開催した伊東俊太郎先生の講演について、もう一つ、どうしても書いておかなければ気が済まないことがある。 それは、そのほぼひと月前の11月25日に亡くなられた堤清二さんのことである。 伊東先生を囲んでの懇親会で挨拶された野上社長の口…

時代の最前線を疾走する83歳のフロネシスーー伊東俊太郎氏最新講演集「変容の時代―科学・自然・倫理・公共―」を読む

【知は徳なり】 際限なく加速するグローバリゼーション。 そして、それとともに混迷のニヒリズムを深める一方の今日の地球社会。 その場限りの安っぽい「ファストナレッジ」が氾濫する中、社会や人間の生き方に明確な指針を与えられる本物の知性が求められて…

伊東俊太郎先生との対話、そして思索 其の弐

伊東俊太郎先生のお名前は、偉大な学術的業績と比べて、広く知れわたっているとは言い難い。今もなお、あくまでも「知る人ぞ知る」という存在にとどまっている。これはメディアに露出して有名になるより、ピュアな学術研究を追求してきた先生ご自身のストイ…

伊東俊太郎先生との対話、そして思索 其の壱

知謝塾と池袋コミュニティカレッジのコラボによる公開講座。 その第三回は、年の瀬も押し迫った12月28日、『昭和アカデミアが産んだ最後の叡知』、伊東俊太郎先生の講演会を開催する運びとなった。 先日、伊東先生と最終の打ち合わせをする為に、JR中央線に…

池袋コミュニティ・カレッジ講師懇親会でスピーチしました。

今晩、池袋コミュニティ・カレッジで講師を務める各界のプロフェッショナル総勢200名以上が集った懇親会に出席しました。 会社生活では凡そ遭遇することのないような多才奇才の諸氏は、野上社長が池袋コミカレの至高の財産と言われる通り、まさにダイバーシ…

運営事務局通信(4)池袋コミカレ×知謝塾コラボまで一カ月を切る!

万事せわしない期末の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。 そんな時節柄、社内ノマドあるいは社内プーの自分も柄になく、お決まりの瑣事雑務に追われ、いささかご無沙汰してしまいましたが、知謝塾と池袋コミュニティ・カレッジとのコラボレーション、そ…

運営事務局通信(3)始まりはやっぱり共鳴でした。

池袋コミュニティ・カレッジを運営するセブンカルチャーネットワーク社の野上秀子社長に、武田塾長と一緒にお会いするのは、一昨日が三回目でした。 元はと言えば、日立グループOB向けのフリーマガジンDNA1910の取材で野上社長にインタビューしたのが最初の…

運営事務局通信(2)知謝塾メジャーデビュー!

昨日は夕方から公開講座の打ち合わせで池袋コミュニティ・カレッジへ行きました。 その前に、武田塾長と合流して池袋西武地下一階のリブロ前に行ってみると、 おおおお! なんといちばん人通りの多い通路の正面に、わが「知謝塾」公開講座のポスターが堂々と…

運営事務局通信(1)池袋から新しいチャレンジを始めます。

この度、知謝塾では、「池袋コミュニティカレッジ」とのコラボレーションの機会をいただき、その第一弾として10月から半年間、毎月1回全6回の公開講座を開くことになりました。 『知謝塾』~現代の知者に学ぶ人間力の磨き方~ これはもう不思議なご縁がい…